30日間金利ゼロで最短1時間融資!いま注目のカードローン!

借入の審査に落ちない為にやってはいけないこと

あなたが、これからカードローンに申し込もうと考えているのなら、絶対にやってはいけない5つの間違いに注意してください。

  1. 自宅、勤務先の住所や電話番号を間違えない
  2. 他社利用件数は正直に申告する
  3. 勤務先を正直に書く
  4. 年収を多めに申告しない
  5. 無理なく返済できるかよく考える

そんな間違いや嘘はつかないよと思う人もいるでしょう。でもいざ申し込む段階になると、審査を有利にしたくて「これくらいは・・・」と嘘を付いてしまう人も意外と多いのです。それに実際借りるときは慌てていることも多いです。間違いであっても嘘だと思われたら審査に影響するでしょう。だから、この5点はとても大切なチェック項目です。

お奨めの消費者金融(カードローン)


お金を貸してくれる貸金業者はたくさんありますが、中には法外な金利をとったり詐欺で手数料などをだまし取る悪質な業者もいます。法律が厳しくなったのでそういう業者は以前よりだいぶ減りましたが、完全になくなったわけではないので注意しましょう。ここでは、安心して借りられる消費者金融や銀行をご紹介します。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。


遂に30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要
※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応


やってはいけない5つの間違いのポイント


やってはいけない5つの間違いや嘘について詳しく解説していきます。

自宅、勤務先の住所や電話番号を間違えない

急いでいるからでしょうか、住所や電話番号などを申込書に記入するときに間違える人が多いそうです。特に郵便番号、番地の間違いが多いそうです。ちょっとしたミスは誰にでもあることですが、それが普通より少し多いと再確認のために審査に時間がかかったり、漢字の間違いや字が汚かったりすると、いいかげんな人間=お金ちゃんと返してくれないんじゃないの?という印象を持たれることがあります。消費者金融も最後は人が判断しますから、マイナスの印象を与えないよう申込書は何度も見返して書くようにしましょう(いまは借入の申込みはWEBからおこなうので字が汚いということはないと思いますが。)

あと、申込書だけでなく、電話の対応も気をつけた方がいいです。申込みをすると確認の電話がかかってきますが、そのときオペレーターに対して友達口調だったり滑舌が悪い、威圧的な態度ととられるような対応をすると、それもこの人ヤバいんじゃね?って思われかねませんから気をつけましょうね。

他社利用件数は正直に申告する

どうしても借入を受けたいがために、他社の借入の件数や金額を少な目に申告してしまうと審査に落ちる原因になります。正直に申告しましょう。

消費者金融会社は「信用情報機関」というところから、あなたが今現在、どこからいつ、どのくらいの借入があるのかという情報を取り寄せることができます。信用情報機関の情報は、消費者金融、銀行などが共有している情報なので他社の借入状況でも分かるのです。どうせ分かるんだったら、なぜわざわざ申告させるのかと思われるかもしれません。正直で誠実な人かどうかが審査で見られているということです。

勤務先を正直に書く

借入の審査は、勤務先の会社規模や勤続年数、役職などが審査対象になります。特に無職の人はどやっても借りることは出来ませんから諦めましょう。

たとえば勤務先をクビになったにも関わらず、まだ勤めていると嘘をついたとしましょう。しかし、消費者金融や銀行は間違いなく勤務先に確認の電話をしますので嘘はすぐにバレてしまいます。あと、勤務年数をごまかすために転職した事実を隠し、以前の勤務先にまだ勤めていると嘘をつくのも同様にいけないことです。

そんなことをすると、今回だけでなく今後もお金を借りられないブラックリストに入れられてしまうこともあるので注意しましょう。

「勤務先に電話確認が来るなんて、同僚や上司に借金がバレたらどうしよう・・・」そんな心配はいりません。ほとんどの大手の消費者金融では、お勤め先に消費者金融からとは分からないように個人名で電話してくれます。それに、あなたがいつも営業で外出していても同僚が「ただいま○○は外出中です」と誰でもいいので電話で応対すれば、その会社に「在籍」していることになるのでそれでOKなのです。

家族にも内緒にしたいという人もいるでしょう。そういう人も正直にオペレーターに伝えればうまく対応してくれます。

年収を多めに申告しない

年収が多い方が借入金額は多くできますが、最初は誰でも50万円〜100万の融資枠しか契約してくれないので年収をごまかしても意味がありません。それに、年収は勤務先や年齢、役職、勤続年数でだいたいこれくらいという予測をされ、もしそれより高めの年収が申告されると年収証明書の提出を求められることもあるので注意しましょう。

また、実は給与の高さより勤続年数の方が審査に影響するようです。年収は高いが転職してまだ1年の人が審査で落とされ、スーパーのパートをもう5年もやっている主婦が審査に通ったなんてことは本当にある話です。だからといって勤続年数もごまかしたりしたらいけませんよ!

無理なく返済できるかよく考える

お金は貸してくれるだけ借りようなんて思ったらいけません。いま本当に必要なだけのお金を借りるようにしましょう。そして、無理なく返済できるかどうか、よく考えましょう。

もし、50万円の融資枠の契約をもらえたからといって、必要以上のお金をATMから引き出してはいけません。最近は1000円単位で引き出せるATMもありますから、今月は3000円だけ足りないなら3000円だけ借りるようにしましょう。必要以上のお金を借りると使わなくてもその分利息が毎日かかりますから、必要なときちょこちょこATMに行く方が経済的です。

また、消費者金融や銀行によって金利が違いますが、毎月の最低返済金額も違いますから、毎月の返済が心配な人は、最低返済金額がより低いところを探してみましょう。ただ、返済金額が少ないとその分元金もなかなか減らないのでトータルでの支払い利息は増えますから注意しましょう。トータルの利息が増えても毎月の負担が少ない方が生活が破綻しにくいですから、計画的な返済をしたい人はそういうやりくりも賢い方法です。


以上のように、借入するときの注意点はいろいろあります。基本的にウソをつかないように注意することが大事です。正直に申告してお金が借りられなかったら、それは自分はお金を借りてはいけない人(今の状態)であり、消費者金融や銀行はきちんとそれを判断してくれたと前向きに考えましょう。

しかし、実際お金がなくて明日食べるものもないという人は、生活保護の申請をするといいでしょう。単純に欲しいものを買うためにお金を借りたい人は審査に通らなかったら諦めましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ